FC2ブログ
コッツワールド代表取締役 小尾のブログ。
「イギリス建築を愉しむ。」第14回
「イギリス建築を愉しむ。」第14回

BRITISH MADE様のホームページに連載中の「イギリス建築を愉しむ。」第14回がアップされました
今回は
『「見ごたえある迫力の貴族の館「チャッツワース」』
です。
是非ご覧下さいませ。
https://www.british-made.jp/stories/travel/201903290031567
IMG_3597.jpg 
IMG_3682_20190409210959cda.jpg 
IMG_3786_2019040921100184d.jpg  
IMG_9241.jpg 


英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方(愛知)・近畿地方(大阪・京都・神戸)の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

ウィリアム・モリス専門「モリス&インテリア」
http://www.morris-and-interior.com/

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村
[2019/04/09 21:04] | BRITISH MADE | トラックバック(0)
英国住宅の街並み計画
英国住宅の街並み計画

埼玉・東京・千葉を中心に分譲住宅を手掛けているポラス様。
新しくプロデュースされる分譲住宅を、英国スタイルへデザイン監修させて戴きました。


東京都練馬区に34棟英国住宅が建ち並ぶ街
「パレットコート練馬平和台 東京プライズ」
です。
そして先月ついに、モデル棟が完成・オープン致しました。


polus_cotsworld1.jpg 
ポラス様との出会いは1年前。
英国住宅が建ち並ぶ街を一緒に作っていただけませんか?
とご依頼をいただき、デザイン監修としてご協力をさせて戴きました。
お打ち合わせを重ねて、間取り、外観、インテリアまで、使用建材の選定を行い、英国住宅へと仕上げていきました。

polus_cotsworld2.jpg 
ポラス x コッツワールド

polus_cotsworld3.jpg 
専用パンフレットに私もご紹介戴きました。

polus_cotsworld4.jpg 
先日、完成&発表会のセレモニーがあり、今回のこだわり部分や英国住宅の魅力について、あれこれお話させて戴きました。

polus_cotsworld5.jpg 
皆さま、英国住宅にとても興味をお持ちいただけたご様子でした

東京都練馬区に34棟英国住宅が建ち並ぶ街
「パレットコート練馬平和台 東京プライズ」
がついにお披露目です

下記のウェブサイトで私のインタビュー記事も載っています。
是非ご覧下さいませ

https://www.homes.co.jp/kodate/b-17001290000380/kodatereport/  




英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方(愛知)・近畿地方(大阪・京都・神戸)の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

ウィリアム・モリス専門「モリス&インテリア」
http://www.morris-and-interior.com/

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村
[2019/04/05 21:35] | OBI | トラックバック(0)
ジョージアン様式の空間 in 埼玉
ジョージアン様式の空間 in 埼玉
~Georgian Style & Regency Style~

埼玉県のT様のリビング・ダイニングのリフォームが完成しました
T様はイギリスの建築様式にお詳しく、中でもジョージアン様式がお好みでした。
リビングルームはジョージアン様式、ダイニングルームはジョージアンの後のリージェンシー様式でインテリアを完成させて欲しいというご希望を戴きました。
georgian_interior_saitama1.jpg 
こちらが完成したリビングルームです
壁はペールトーンのクリームイエローに、天井は淡いアイボリーでカラーコーディネートしました。
イギリスらしいインテリアを実現するには、実は「白」選びが重要なポイントです
天井やモールディングを真っ白に塗装するとアメリカンになり、アイボリーのように暖色系の白で塗るとブリティッシュに仕上がります。
本格的な英国インテリアを実現するための色味はとても重要な部分です。

georgian_interior_saitama2.jpg 
T様が廻り縁に使用したい!と設計当初から決めていたモールディングです。
スワッグ&ドロップと呼ばれるリボン・モチーフのモールディング。
ジョージアンの時代に多用されたモールディングのひとつです。

georgian_interior_saitama3.jpg 
元々左右対称の位置についていた窓を生かし、中央部分に壁をふかして、絶妙なバランスで暖炉を設置出来ました。
カーテンもご依頼を戴き、弊社で昔からお世話になっているアベニューさんにご協力戴きました。
生地もイギリス製にこだわって戴き、さすがの仕上がりに感動です

T様邸のリビングルームはもともと3段階に段々のついた折り上げ天井になっていました。
これを大きな1段の折り上げに改造し、背の高い大きな廻り縁を取り付けました。
これにより「天井→廻り縁→折り上げ天井」と一体感を生み出し、天井が高く見える効果を演出します。
この効果は先ほどお伝えした「白(淡いアイボリー)」も重要で、スワッグ&ドロップの廻り縁、天井、折り上げ部分の廻り縁、折り上げ天井と全ての白を同色で仕上げます。

georgian_interior_saitama4.jpg 
折り上げ天井の中央には、イギリス製の石膏のメダリオンを取り付けました。
ジョージアン後期に活躍した建築家ロバート・アダムのデザインから作られた天井装飾材です。
石膏の質感は柔らかで素晴らしく、天井に品よく溶け込んでいますね。
照明器具はクリスタルのシャンデリアを取付け、マントルピースの上の鏡に映り込む長さに調整しました。

georgian_interior_saitama5.jpg
マントルピースと鏡もイギリスから取り寄せました。
どちらもアダム・スタイルのデザインで上品にコーディネートしました。
ミラーの上とマントルピースの中央にあるアーン(壺)のモチーフが特徴です♪

georgian_interior_saitama6.jpg
マントルピース内部には鉄製の炉をはめ込み、フローリングとの境目にフェンダーという真鍮の見切り材を設置しました。
どちらもイギリスから取り寄せたもので、より本格的な仕上がりです。
巾木(床と壁の見切りのモールディング)の高さも背の高いものにし、イギリスのインテリアを意識しました。

georgian_interior_saitama7.jpg 
こちらはリージェンシー様式でコーディネートしたダイニングルームです。

georgian_interior_saitama8.jpg 
リージェンシー・アカンサスと呼ばれるイギリス製の石膏のメダリオンを取り付けました。
照明器具はフレンチ・ゴールド仕上げのキャンドル形のシャンデリアを合わせました。
リビング同様、落ち着きあるアイボリー色で一体感を出しています。
このお部屋のカーテンも見事な出来栄えです

georgian_interior_saitama9.jpg
ダイニングの壁紙は英国王室御用達のメーカーで、ジョージアン・ロープのトレリス(格子模様)が描かれたものです。
端正なデザインとミルクティーのようなベージュ色が、大人っぽく、上品な空間を作り上げています。

georgian_interior_saitama10.jpg
ダイニングルームからリビングルームを見た写真です。
ジョージアン様式からリージェンシー様式へと、建築様式の流れが上手く繋がり、エレガントな2つの空間が違和感なくマッチしています。

「今後は小物や家具を揃えていくのが楽しみですT様
私も次回お伺いする日を楽しみにしております



英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方(愛知)・近畿地方(大阪・京都・神戸)の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

ウィリアム・モリス専門「モリス&インテリア」
http://www.morris-and-interior.com/

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村
[2019/03/23 11:52] | リフォーム | トラックバック(0)
「英国建築とインテリアの世界」トークショー終了
「英国建築とインテリアの世界」トークショー終了

3月10日(日)、旅カルチャー講座を主催している旅行ライターの木谷朋子さんにお声をかけて戴き、杉並区浜田山にある
「ベリーズティールーム」さんにて、トークショーを行いました。
おかげ様で定員を超える満席となりましたが、出来るだけ多くの方にご参加いただけるよう、何とか椅子を用意させて戴きました。

berrys_talk1.jpg 
今回のテーマは「英国建築とインテリア」
会場は、昨年私が手掛けさせて戴いた
「ベリーズティールーム」さんです。


berrys_talk2.jpg 
内外ともに可愛らしいデザインのティールームに、皆様講演の20分前から写真撮影がスタート
トークショーの始まりにも、まずはお店の内装について実物をご覧戴きながら熱く語らせて戴きました。

berrys_talk3.jpg 
後半は、
「英国インテリアを実現するには」
「英国インテリアの昔と今」
「お薦めの英国インテリアショップ」
「伝統的な英国インテリアを愉しめるお薦めのホテル」
を写真とともにお話させて戴きました。
通な皆様にご満足いただけるよう出来るだけ盛りだくさんの内容にて、こちらも熱く語らせて戴きました♪

berrys_talk4.jpg 
今回のトークショーには、なんと素晴らしいアフタヌーンティーもついています!
オーナーの和田真弓さんにも登場して戴き、英国菓子と紅茶の一つ一つについてご説明を戴きました

berrys_talk5.jpg 
主宰の木谷さんとの記念写真♪
木谷さん、この度はお声掛けをどうもありがとうございました。
そして、美味しいアフタヌーンティーをご用意して下さった和田さんとスタッフの方たち、
ご参加して下さいました皆様、
誠にありがとうございました
とても楽しいひと時でした



英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方(愛知)・近畿地方(大阪・京都・神戸)の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

ウィリアム・モリス専門「モリス&インテリア」
http://www.morris-and-interior.com/

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村
[2019/03/16 09:33] | OBI | トラックバック(0)
シャーロック・ルームへようこそ!
シャーロック・ルームへようこそ!

愛知県で建築中のコッツウォルズ・バイブリーの家N様邸では、なんとイギリスの人気ドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」のインテリアを再現したお部屋があります
なぜなら、N様は大のSHERLOCK好き
お打ち合せの時から、メインのLDとは別に
「SHERLOCK ROOM」を作りたいんです!
とのご希望がありました。
何を隠そう私もSHERLOCK大好き人間です
そうと決まれば、限りなく再現するのが私の得意とするところです
sherlockuk1.jpg 
こちらがドラマのロケ地です
物語の中では、221b Baker Streetですが、
実際は187North Gower Streetが使われています。

sherlockuk2.jpg 
私も実際に現地を訪れ、細かく観察してきました

sherlockuk3.jpg 
SHERLOCK ROOMを作るなら、その部屋に入るドアはもちろんあの玄関ドアでしょう~と、ファンライト(半円の明かり取り)を特注しました

sherlockuk5.jpg  
続いて、このドアが付く壁面だけ、外壁仕上げにしました。
モルタルで厚みを付け、現地同様の石積み調のラインの凹みを入れています。
そして黒塗りの玄関ドアを取り付けました

sherlockuk6.jpg 
イギリスから取り寄せたナンバー「221b」とドアノッカー
ドアノッカー
が傾いて取り付けてあるのを見て「さすが!」と思って下さった方はかなりの「通(つう)」です♪
(詳しくはドラマをご覧下さい。)

sherlockuk7.jpg 
こちらも同じくイギリスから取り寄せたレタープレートと鍵&鍵穴です。
すべて現地についている物と同じものにこだわっています

内側はグリーンにし、ドラマの部屋のドアの色に合わせました。

sherlockuk10.jpg 
こちらのドア金物もイギリスから取り寄せたものです


sherlockuk8.jpg 
部屋のインテリアも、もちろんドラマを再現すべくこだわりました。
イギリス
から暖炉と壁紙が届き、施工が始まりました。
このマントルピースも細かく寸法を伝えて、特注したものです。

sherlockuk9.jpg 
暖炉の反対側の壁にも、ドラマを再現する壁紙を貼りました

sherlockuk11.jpg 
マントルピースが塗装され、暖炉の左右には本棚&キャビネットを造作しました。
最後に暖炉上に鏡を取付けて、「SHERLOCK ROOM」の完成です

この完成度にN様も大満足
ここまでやらせて戴けた私も大満足です

愛知県本格イギリス住を建てたい方、是非お気軽にご相談下さいませ
本格コッツウォルズの家を建てたい方も是非!


英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替えをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方(愛知)・近畿地方(大阪・京都・神戸)でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

ウィリアム・モリス専門「モリス&インテリア」
http://www.morris-and-interior.com/

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村

[2019/03/04 22:19] | コッツウォルド・スタイル in 愛知 | トラックバック(0)
次のページ
プロフィール

小尾 

Author:小尾 
英国建築専門のコッツワールド
代表取締役 小尾
"Obi actually loves U.K."
コッツワールドの仕事、こだわり、
英国情報などをご紹介します。


■ 当ブログ内の情報・記事・デザイン
 ・写真の無断転載・引用を禁じます

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR