コッツワールド代表取締役 小尾のブログ。
イギリス出張その17「Dean St Townhouse」
イギリス出張その17「Dean Street Townhouse」

ロンドンへ来た時に、かなりの頻度で寄るレストランがあります
SOHO(ソーホー)にある「Dean Street Townhouse(ディーン・ストリート・タウンハウス)」です。
deanst2016a.jpg 
1735年に建てられたジョージアン様式のタウンハウスがレストランとして使用されています。
(2008年にはホテルの機能も追加されました。)

deanst2016b.jpg 
お洒落なグレイッシュカラーの看板が目印

deanst2016c.jpg 
開店時間中は玄関ドアはオープンになっているので入りやすいです。

deanst2016d.jpg 
カジュアルなレストランですので、いわゆる高級レストラン・ホテルの格調高い雰囲気とは違いますが、英国らしさを失っていないブリティッシュ・モダンクラシックなインテリアが嬉しいです

deanst2016e.jpg 
朝食、昼食、夕食、どの時間に行っても美味しいのですが、
特にお薦めなのは、朝食の「Kedgeree(ケジャリー)」です。
ヴィクトリア朝時代に英国で貴族の朝食として食べられていたもので、カレーリゾットといえばわかりやすいと思います。

英国へのご旅行で、毎朝の定番のイングリッシュ・ブレックファストにちょっと飽きたら、是非この「ケジャリー」を食べに「Dean Street Townhouseへ行かれてみてはいかがでしょうか。

もちろんフィッシュ&チップや、アフタヌーンティーなども美味しいです
ふと立ち寄るのにも気軽な、私のお薦めレストランです



英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替えをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方・近畿地方(大阪・京都・神戸)・九州地方・沖縄の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

ウィリアム・モリス専門「モリス&インテリア」
http://www.morris-and-interior.com/

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村

[2017/08/23 22:52] | U.K.2016 | トラックバック(0)
イギリス出張その16「ホーム・ハウス2」
イギリス出張その16「Home House #2」

前回の続きです。

ロバート・アダムの建築したロンドンのHome Houseアフタヌーンティーも戴きました。
homehouse2a.jpg
案内されたのはこちらのお部屋

homehouse2b.jpg
ロバート・アダムのインテリアデザインというと、ウェッジウッドのジャスパーウェアのようなペールカラーを塗り分けしたインテリアが有名ですが、このお部屋のように繊細な絵が描かれているデザインもまた、アダムならではなのです。
壁画と言うと重々しいものも多い中、アダムの手にかかると軽やかに、爽やかに仕上がるのですね

homehouse2c.jpg 
このデザインモチーフのお部屋はEtruscan Room(エトラスカン・ルーム)と呼ばれ、古代エトルリア人(イタリア半島中部の先住民族)や古代のモチーフをアレンジしてデザインされています。
このお部屋はドレッシング・ルームや第三のドローイング・ルームとして使用されました。
(ロバート・アダムの作品のオスタリー・パークにも、エトラスカン・ルームがあります。)

homehouse2d.jpg 
運ばれてきたアフタヌーンティーです
見ただけで美味しそうですね
その上このお部屋でいただけるなんて・・・幸せです

食後に他のお部屋も撮影させて戴きました。
少しご紹介致します。
homehouse2i.jpg 
黄色い大理石に見える壁は、実は手描きのだまし絵です
上部の水色との組み合わせにもセンスを感じます。

homehouse2e.jpg 
淡いグリーンの清々しいお部屋。
天井を見上げると・・・

homehouse2f.jpg 
ペールカラーのピンクやイエロー、グリーンで塗り分けられた、遊び心のあるデザインです。

homehouse2g.jpg 
Music Roomと呼ばれるこちらのお部屋の天井もまたユニークです。
ラグカーペットの柄と呼応するようデザインされたそうで、なかなか斬新にも見えますが、スモーキーカラーと上品なゴールドの組み合わせで、やはり優美な印象です。

homehouse2h.jpg
どのお部屋も、アダムの美意識と挑戦を感じられるインテリアデザインで、さすが!!見ごたえがありました。
Home Houseの皆様、ありがとうございました



英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替えをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方・近畿地方(大阪・京都・神戸)・九州地方・沖縄の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

ウィリアム・モリス専門「モリス&インテリア」
http://www.morris-and-interior.com/

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村
[2017/08/16 23:01] | U.K.2016 | トラックバック(0)
イギリス出張その15「ホーム・ハウス」
イギリス出張その15「Home House」

バースからロンドンに戻ってきて、次に訪れたのは、コチラ
homehouse2016a.jpg 
ロンドンの20 Portman Squareに建っているジョージアン・タウンハウス「Home House」です
この建物は18世紀後半に、私の大好きな建築家ロバート・アダムが建てた建物です

homehouse2016b.jpg 
こちらは会員制クラブなのですが、どうしても訪問したかったので、ダメ元で予約を取ってみたところ、撮影許可も戴き、貴重な体験ができました。

homehouse2016c.jpg 
ロバート・アダムの本「The Genius of Robert Adam」の表紙にも使われています。

homehouse2016d.jpg 
まさかこの大階段で写真を撮ることができるとは夢にも思いませんでした
感激です

homehouse2016e.jpg 
床、壁、天井・・・・
どこを見てもため息が出るほど美しく、アダムならではの繊細で優美な芸術が取り込まれています

次回は室内の写真をご紹介致します。
なんとこちらでアフタヌーンティーも戴いたのです
お楽しみに



英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替えをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方・近畿地方(大阪・京都・神戸)・九州地方・沖縄の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

ウィリアム・モリス専門「モリス&インテリア」
http://www.morris-and-interior.com/

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村
[2017/08/15 23:14] | U.K.2016 | トラックバック(0)
イギリス出張その14「No.1 ロイヤル・クレッセント」
イギリス出張その14「No.1 ロイヤル・クレッセント」

ロイヤル・クレッセントは三日月のように弧を描いたテラスハウスです。

rchm1.jpg
その一番最初の家、No.1は見学が出来ます 
写真の一番右端が「No.1 Royal Crescent」です

rchm2.jpg 
18世紀のジョージアン様式のインテリアを気軽に見れるなんて、素晴らしいですね

rchm3.jpg 
建物の断面の絵です

rchm4.jpg 
こちらのお部屋はWithdrawing Room(ウィズドローイングルーム)。
ウィズドローイングルームとは、お食事の後、先に退室した女性が寛ぐ応接間・客間です。
カーキグリーン色のダマスク柄の壁紙に、石膏の廻り縁や大理石の暖炉、クリスタルのシャンデリア、そして美しい家具の数々・・・・
ジョージアン様式のインテリアを堪能できます。

rchm5.jpg 
こちらはダイニングルーム。
シンプルながらも、ミルクティー色にペイントされた壁が優しく上品な印象を与えてくれます。

rchm6.jpg 
こちらはLady's Bedroom。
淡いグリーンの壁に白のアクセントが清々しいお部屋です。
同じく白とグリーンを基調とした爽やかな印象のファブリックのベッドとカーテンですが、
女性らしい柄とデザインで、品の良い甘さが魅力です。

その他のお部屋もたくさんご覧いただけますので、バースへ訪れた際は是非ご見学下さい

次回はロンドン
お楽しみに



英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替えをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方・近畿地方・九州地方・沖縄の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

ウィリアム・モリス専門「モリス&インテリア」
http://www.morris-and-interior.com/

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村
[2017/06/07 23:07] | U.K.2016 | トラックバック(0)
イギリス出張その13「レストラン」
イギリス出張その13「レストラン」

イギリス出張のブログを久しぶりに再開致します

バースのロイヤル・クレッセント・ホテルの裏庭にある専用レストラン「The Dower House Restaurant」で朝食です♪
rchres1.jpg 
裏庭への出口から、美しい緑を眺めながら小道を進むと素敵な離れが見えてきます

rchres2.jpg 
こちらが入口です
バースストーンの淡いクリーム色の外壁に、ブルーの外灯がアクセントです。

rchres3.jpg 
インテリアもお洒落です

rchres5.jpg 
落ち着いたベージュ地に、ブルーの花の咲くダイナミックな枝が描かれた壁。
最近のイギリスでは、東洋を思わせる、枝と花の描かれた壁紙があれこれ流行しています。

そして美味しい朝食を戴きました
rchres4.jpg 
上品に盛り付けされたEnglish Breakfast

次回も引き続きバースをご紹介致します。
お楽しみに



英国住宅にご興味のある方、
新築・建替えをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方・近畿地方・九州地方・沖縄の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

ウィリアム・モリス専門「モリス&インテリア」
http://www.morris-and-interior.com/

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村
[2017/06/05 23:18] | U.K.2016 | トラックバック(0)
次のページ
プロフィール

小尾 

Author:小尾 
英国建築専門のコッツワールド
代表取締役 小尾
"Obi actually loves U.K."
コッツワールドの仕事、こだわり、
英国情報などをご紹介します。


■ 当ブログ内の情報・記事・デザイン
 ・写真の無断転載・引用を禁じます

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR