FC2ブログ
コッツワールド代表取締役 小尾のブログ。
階段吹抜けに石膏装飾
階段吹抜けに石膏装飾

東京都渋谷区O様邸の階段の吹き抜けは、見上げた時に映えるよう、天井に装飾を施すのはいかがでしょうかと提案したところ、とても気に入って下さいました。
イメージはイギリス・バースにある、ロイヤル・クレッセント・ホテルの階段です。
elegantstairc8.jpg 
上の写真がホテルの階段の吹抜けです。
天井の石膏装飾が絶大な存在感と魅力を放っています。
ウェッジウッド・ブルーに白いモールディング、そしてネイビーブルーの3色使いが素敵です

elegantstairc1.jpg 
イギリスから届いた石膏装飾材
O様のために特注でデザインしました。

elegantstairc2.jpg
まずは白く塗装した後、天井に取り付けます。
重量がありますので、天井裏には下地補強を施してあります。

elegantstairc3.jpg 
塗り分けを塗装屋さんに指示するため、予め私が色塗りした図面を作成します。

 elegantstairc4.jpg
デザイン画を元に、ウェッジウッドブルーを塗装します。

elegantstairc5.jpg
ここからがさらに大変な作業
筆を使いながら細かく塗って仕上げていきます

elegantstairc6.jpg
数日かけて完成です
美しく仕上がりました

elegantstairc7.jpg
1階ホールから天井を見上げるとご覧の通り
美しい石膏装飾に私も、そして職人さんたちも見惚れていました
ありがとうございます!

次回もどうぞお楽しみに



英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方(愛知)・近畿地方(大阪・京都・神戸)の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村
[2020/05/31 15:45] | ヴィクトリアン・マナーハウス in 渋谷 | トラックバック(0)
ヴィクトリアン・タイル貼り工事 in 渋谷
ヴィクトリアン・タイル貼り工事 in 渋谷

東京都渋谷区のO様邸ではイギリスから届いたタイル工事が始まりました
tilevictorian1.jpg 
こちらはバスルーム1。
ヴィクトリアン・フロア・タイルの黒と白を使って模様を作りながら仕上げていきます。
予めCADで精密にデザイン画を作り、それに合わせてタイル屋さんが一枚一枚正確に施工して下さっています。

tilevictorian2.jpg 
壁もイギリス製タイルです。
なんとO様邸では絵画タイルを使用しました。
左はイタリアの画家サンドロ・ボッティチェッリの「ビーナス誕生」の絵、
右はイタリアの画家ラファエロ・サンティの「ガラテイアの勝利」の絵のタイルです。
絵の周りの額縁もタイルで出来ています。
まるでお部屋のようなバスルームです。

tilevictorian3.jpg 
こちらはバスルーム2です。
ブルー、バフ、黒、白のヴィクトリアン・フロア・タイルをデザイン通りに仕上げていきます。
美しいですね

tilevictorian4.jpg 
こちらも絵画のタイルを使用しています。
フランスの画家クロード・モネの「睡蓮の池と日本の橋」の絵です。
額縁タイルは黒でコーディネートしました。

tilevictorian5.jpg 
バスルーム3の床はバフ色と白色、そして外周を柄模様のボーダータイルで仕上げていきます。

tilevictorian6.jpg 
壁は腰下をバーガンディーレッド、
腰上は19世紀に流行った5枚セットのデザインタイルで仕上げていきます。

tilevictorian7.jpg 
クラシックな柄の描かれた美しいタイルです

3つのバスルームの完成をどうぞお楽しみになさっていらして下さい



英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方(愛知)・近畿地方(大阪・京都・神戸)の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村
[2020/05/09 22:04] | ヴィクトリアン・マナーハウス in 渋谷 | トラックバック(0)
フレンチ・ドローイングルーム その2
フレンチ・ドローイングルーム その2

東京都渋谷区のO様邸のリビングルームの続きです。
clivedenfrench8.jpg 
イギリスからロココ・スタイルに似合う大理石のマントルピースを輸入しました
これを薪暖炉にセットします。

clivedenfrench9.jpg 
クリブデン・ハウスの雰囲気を出すため、部分的にゴールド塗装を施します。
素晴らしい仕上がりです

clivedenfrench10.jpg 
オークのパーケットリー・フローリングもアンティーク・ブラウン色に塗装されました。

clivedenfrench11.jpg 
オイルステイン塗装のあと、クリア塗装で仕上げ、ツヤ感たっぷりの高級感を出しました。
新品には見えない味わいで、雰囲気満点です

clivedenfrench12.jpg 
クリブデン・ハウスのフレンチ・ドローイングルームは絶妙な色味が魅力です。
これを再現する為、クリブデン・ハウスで実際に塗料の色を確認してまいりました
本場と同じ色で仕上げていきます
また、天井からはシャンデリアがいくつもぶら下がっているのが印象的で、この雰囲気も出したいと思いました。

clivedenfrench13.jpg 
壁の塗装が終わり、イギリスへ特注したオーバーマントル・ミラーも設置しました。
(マントルピースの上に置く専用の鏡のことです。)
照明器具も付き、どんどん素敵に仕上がって来ています

完成をどうぞお楽しみに

次回に続きます



英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方(愛知)・近畿地方(大阪・京都・神戸)の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村
[2020/04/16 23:10] | ヴィクトリアン・マナーハウス in 渋谷 | トラックバック(0)
クリブデンのフレンチ・ドローイングルーム再現
クリブデンのフレンチドローイングルームを再現

東京都渋谷区のO様邸のリビングルームは、イギリスの貴族の館「クリブデン・ハウス」フレンチ・ドローイングルームをイメージして施工しています
clivedenfrench1.jpg
こちらが本場クリブデン・ハウスフレンチ・ドローイングルーム
フランスの宮殿のようなロココのインテリアと、シックな色味の美しさに圧倒されます
クリブデン・ハウスにつきましては、以前私が書いた下記の記事を是非ご覧下さい
https://www.british-made.jp/stories/travel/201901180030151

clivedenfrench2.jpg
壁に厚みを付けてふかし、楕円アーチのくぼみを造ります。
そして幅のあるケーシング(額縁)でしっかりと縁取りをします。

clivedenfrench3.jpg 
床は宮殿のように、オークのパーケットリー・フローリング(寄せ木加工)でより凝った印象に仕上げます。
中央にあるのは本物の薪暖炉です。

clivedenfrench4.jpg 
石膏製の廻り縁がつきました。
天井に広がるようにデザインされた奥行きのある豪華な廻り縁です。

clivedenfrench5.jpg 
その内側には、斜めの格子状に細い木を組んでいきます。
写真の中央のルーバーは、全館空調の吹き出し口です。
見た目を考慮し、この格子にぴったり合わせて設置したのも綿密な設計によるものです。

clivedenfrench6.jpg
取り付けた装飾材は全て、品の良いゴールド色に塗装されました。
ぐっと厳かな雰囲気になりますね

clivedenfrench7.jpg
格子組みの各中央には、イギリスから取り寄せたチューダーローズ型の木製装飾材を一つ一つ取り付けています。
格子組みのさらに内側も、デコラティブなモールディングで縁取り、ロココ調の繊細なデザインの石膏メダリオンを取り付けました。

まだまだこのお部屋は半分しか完成していません。
さらにすごい装飾、塗装へ進みます
今後の仕上がりも、どうぞお楽しみになさっていらして下さい



英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方(愛知)・近畿地方(大阪・京都・神戸)の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村





[2020/04/10 23:58] | ヴィクトリアン・マナーハウス in 渋谷 | トラックバック(0)
ダウントン・アビーのキッチンを再現!
ダウントン・アビーのキッチンを再現

東京都渋谷区O様邸のキッチンは、イギリスの人気ドラマで映画にもなった「ダウントン・アビー」のキッチンをイメージして施工しています
イギリスのキーワードであれば、どんなリクエストも喜んで実現するコッツワールド。
私も大好きなドラマなので、このご希望は燃えます
downtonabbeykitchen1.jpg 
まずはイギリスでも珍しい銅のキッチンシンクを取り寄せしました

downtonabbeykitchen2.jpg 
そして、このキッチンの空間で重要なのが壁のペンキの色です
この濃厚なグレイッシュなスモーキーグリーンがキーポイントです!
なんと、ドラマで実際に使用されたペンキをイギリスから取り寄せました。
英国王室御用達のMYLANDSの塗料です。
大理石の粉末が入っていて、塗ると硬くマットに仕上がります。

downtonabbeykitchen3.jpg 
壁の塗装が終わり、キッチンの設置に取り掛かりました。
キッチンは弊社オリジナルの「カドガンキッチン」でオーダーメイドです。
扉にはエイジング塗装を施し、古びた雰囲気を演出します。
木製のツマミを付け、ドラマのあのキッチンを再現します。
カウンターの天板は木製です。

downtonabbeykitchen4.jpg 
奥の面にはガスコンロとオーブンを組み込んだ黒いキャビネットと黒い人工大理石の天板を設置しました。
実際のドラマではヴィクトリア朝に使用された、COAL RANGE(コール・レンジ)と呼ばれる、石炭で燃やすオーブンが使われていますので、そのイメージの再現です。

ビルトインのガスコンロとオーブンレンジは黒色のタイプを選び馴染ませました。
ちゃんと違和感なく溶け込んでいます

床は少しエイジングがかったライトベージュ色の石調のタイルを貼りました。
これまた良い雰囲気です

downtonabbeykitchen5.jpg 
ドラマのキッチンと同じようにオーブンレンジの上部はアーチにくり抜かれた壁を造作しました。
その上にレンジフードが埋め込まれるように設計しています。

downtonabbeykitchen6.jpg 
正面には、同じくドラマのイメージ通りにタイルを貼りました。
みるみる再現されていく様子に、O様も大喜びでした

downtonabbeykitchen7.jpg 
エイジング加工されたキッチンは、19世紀のキッチンを再現していますが、機能やお使い勝手は現代バージョンです。
食洗機も組み込まれており、上の写真は食洗機の正面にキッチンと同じ面材を取り付けています。
先ほどのコンロやオーブンレンジもそうですが、アンティーク調のキッチンに日本の最新設備を融合させた、理想のキッチンに仕上がっています

今からさらにダウントン・アビーのキッチンに近づいていきますので、皆様ご期待下さい

次回もどうぞお楽しみに



英国住宅にご興味のある方、
「やはりコッツさんの建物は違うな!」
と感じて下さる方、
新築・建替え・リフォームをご検討中の方、是非お気軽にご相談下さい。

関東地方以外でも中部地方(愛知)・近畿地方(大阪・京都・神戸)の一部でお承りできるようになりました
「関東ではないから頼むのは無理かな。。。」と思われていた方も、まずはお問合せ下さいませ。
皆様にきっとご満足のいただける「英国住宅を心を込めてご提案させて戴きます

また、デザインアドバイス業務もお承りしています。
本格的に設計をご依頼されるよりお手頃・お気軽に、弊社のデザインや建材のコーディネートをご依頼されたい方にご好評を戴いております。
遠方地域のお客様、すでに設計・施工業者さんが決まっていらっしゃるお客様、工務店様にもご利用戴いているサービスです。


「本格英国建築をご検討されていっらしゃる方は、
日本で唯一の英国建築専門の弊社へお任せ下さい。 
英国から直輸入した建材で、
どんなスタイルも実現させて戴きます♪」

「輸入建材を使用した洋風リフォームもご提案致します♪
お部屋の模様替えから外構まで、お気軽にご相談下さい。」
お問合せは、03-5433-9292
または
sales@cotsworld.com
までどうぞ。
 
 

下記も弊社がプロデュースしている人気の商品です。

セミオーダー英国住宅「ロンドンホーム」
http://www.londonhome.co.jp

オリジナル水周りブランド「カドガン」
http://www.cadogan.jp

オンラインショップ「コッツワールドショップ」
http://www.cotsworldshop.com/


英国住宅にご興味のある方、是非読んで戴けたら嬉しいです!

著書「英国住宅に魅せられて」
http://www.cotsworldshop.com/SHOP/AN-1.html
db068_20151204184403fc6.jpg


次回も早くご覧になりたい!と思って下さった方は、
下をポチッと応援お願いします 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村

[2020/04/04 00:50] | ヴィクトリアン・マナーハウス in 渋谷 | トラックバック(0)
次のページ
プロフィール

小尾 

Author:小尾 
英国建築専門のコッツワールド
代表取締役 小尾
"Obi actually loves U.K."
コッツワールドの仕事、こだわり、
英国情報などをご紹介します。


■ 当ブログ内の情報・記事・デザイン
 ・写真の無断転載・引用を禁じます

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR